MENU
あー。
ブログの人。
バイク歴総数17年
現在はKawasakiのestrella SEに乗って
デイキャンプ・ツーリングを
のんびりするのが好き
最近Hondaのクロスカブが
気になっている。

冬ソロキャンプツーリングおすすめ暖房器具!ヒーターアタッチメント

今回はバイクで冬キャンプ!

冬のキャンプツーリングにおすすめしたいヒーターアタッチメントの紹介です!

冬キャンプの暖房器具といえば、薪ストーブ・焚き火が主流ですが、キャンプツーリングでは

『ヒーターアタッチメント』

が積載面、使用難易度から考えて最強アイテムなのでは?!と個人的に思っています。

あー。

今回Colemanのヒーターアタッチメントを購入したので使用感や暖かさもお伝えしていきます!

特に!

悩んでる人

薪ストーブはちょっとハードル高いから冬キャンプは寒いの覚悟して行ってます…

という方!ぜひともこの記事を参考にしていただいて、ヒーターアタッチメントを暖房器具の選択肢の1つに入れてもらえればと思います◎

この記事を書いた人
あー。

・バイク歴20数年
・エストレヤSE・ビアンキのロードバイクに乗ってキャンプやツーリングをのんびり楽しむのが好き。
・コンパクトなキャンプギア、機能性重視のキャンプ道具好き。
・キャンプは1年中楽しむ派。

目次

ヒーターアタッチメントとは?

ヒーターアタッチメントってなんだい?て話ですが…

ヒーターアタッチメントとはバーナーの上に乗せて金属を温め、遠赤外線を出して周囲を温める暖房器具のことです。

ストーブやヒーター、こたつなども遠赤外線を出して周囲を温めているので同じ原理です。

メリットとデメリット

ヒーターアタッチメントを使用する上で知っておきたいメリット・デメリット!

メリット

  • 手持ちのシングルバーナーを使用できる
  • 持ち運びがコンパクト
  • 他の暖房器具より比較的安価で手に入る
  • 設置・撤収が簡単

ヒーターアタッチメントの最大の特徴はそのコンパクトさにあります。携帯性に優れているためキャンプツーリングに最適な暖房器具です。

そして薪ストーブや焚き火台に比べて遥かに設置と撤収が楽です。火付けもしないですし、灰の処理もありません。ハードルが低く、気軽に使えるところが本当に便利です。

デメリット

  • 使用できるシングルバーナーが限られている
  • ガス缶に熱が伝わらないよう遮熱板が必要
  • 大人数のキャンプには向かない
  • 火傷やテント内密閉で一酸化炭素中毒のリスクがある

メリットで手持ちのシングルバーナーで使用できると記載しましたが、使用できるシングルバーナーはヒーターアタッチメントによって異なるので、注意が必要です

記述されていないシングルバーナーでも使用はできますが、何かあっても自己責任になります。

ヒーターアタッチメントはコンパクトでソロやデュオでヒーターアタッチメントを囲いながら使用する分には暖房効果はありますが、大人数でのキャンプでは暖かさが行き渡らない場合があります。

ヒーターアタッチメントは熱を発している部分がめちゃめちゃ熱いので触れば火傷してしまうので、手が触れないところに設置するようにしましょう。

また、一酸化炭素中毒ですがほとんどのテントで密閉状態を作るのは難しいのでリスクはそこまで高くはないですが、可能性は0ではないので一酸化炭素チェッカーを設置しておくと安心です。

キャンプツーリングにおすすめな理由3つ

ヒーターアタッチメントがキャンプツーリングにおすすめな理由3つをお伝えしていきます!

軽量かつコンパクト

snowpeakチタントレックと比較

バイクで移動するキャンプツーリングは快適なキャンプを目指しつつ、積載量をどれだけコンパクトにできるかがツーリングの快適さ、体への負担を左右します。

もちろん軽量であればあるほど、コンパクトであればあるほど体への負担も、バイクへの負担も軽くすみ、快適なキャンプツーリングをすることができます。

ヒーターアタッチメントは他の暖房器具、薪ストーブや焚き火台とくらべて格段に軽くコンパクトです。

クッカーに収納出来てしまうくらいコンパクトなものもあるため、キャンプツーリングに最適な暖房器具だと言えます。

シングルバーナーで使用可能

ヒーターアタッチメントは調理用に持っていくシングルバーナーさえあれば使用できます

薪ストーブや焚き火台などとくらべて燃料となるものが調理用ガスと、別途薪を用意したりしなくて済みます。

薪分のコストを抑えつつ、薪割りなどの体力も消費せずに済むためツーリングで疲れた体には労力を極力使わないヒーターアタッチメントが最適です。

調理もできる!

シングルガスバーナーのみでも調理はできますが、ヒーターアタッチメントをつけたままでも調理が可能です。

わざわざ外す必要がない点がとても便利です。また、焚き火で調理すると煤が必ずつきますがヒーターアタッチメントは接触面に煤や炭などの汚れはつきません!

暖かさを保ちながらお湯を沸かしてテント内で熱燗やホットココア、コーヒーなど…

ツーリングで疲れた体を癒やすにはもってこいのヒーターアタッチメントです。

バイクへ積載

積載はクッカーにスタッキングしてもよし。そのままシートバックやバックパックなどにいれても◎
薪ストーブと比べると格段に収納は楽ですが、高さがあるので購入の際は必ず高さの確認をしておきましょう。

写真はsnowpeakチタントレックにスタッキングしているものです。使用後少し燃えカスの汚れがでるのでスタッキングもしくは、専用の収納袋があると周りが汚れず済みます。

ヒーターアタッチメントの暖房効果は?

一番気になる暖房効果です。

外気温度10℃前後の冬にColemanのヒーターアタッチメントを使用したので効果をお伝えしていきます。

また、小川テントのステイシーST-2でも使用したので効果をお伝えしていきますが、基本的にテント内は火気厳禁なので自己責任で使用してますのでご了承下さい!

外でも遮熱板で反射させれば足はぽかぽか

見ずらいですが反射板を使用しています。

反射板を使用しない場合、暖かいのは真上だけ。かなり近づくと横からも暖かさを感じます。

反射板をしようすると遠赤外線が反射され、椅子に座っていても暖かさが足に伝わってきました。

因みにヒーターアタッチメントを乗っけるテーブルと椅子の距離感はこのくらい。十分ゆとりを持ってくつろぎながら足はポカポカ。

上半身はさすがに少し屈まないと暖かさは伝わってこず…。それでもガッツリ前のめりになる感じではなかったので無理なく暖かさを感じることができます。

ツールームテントで実際に使用

何度も言いますが←

テント内は火気厳禁のものが多いので自己責任で使っていますのでご了承下さい

ステイシーST-2の2ルームテントで使用。

付け始めて数分の気温は…

14.3℃!
この時、外は9℃。付けて1-2分くらいだったので、もともとテント内は少し暖かかったのかもしれません。

そして5-6分後…

18.5℃!順調に暖かくなっています。

この時点で結構ルーム内は体感ぽかぽか。スカートなど防寒装備はテントにないものの念の為、テントをメッシュにして換気。それでも「あ、外の風ちょっときもちいなぁ」くらいのテント内の暖かさ!

その後ぽかぽかにより睡魔に襲われガスを消して消灯…したのでその後の気温の記録はありません←

が、十分満足できるほど暖まりました。

SOTOのシングルバーナーで使用

今回使用するColemanのヒーターアタッチメントは使用可能なシングルバーナーは限られていて

  • スポーツスターⅡ
  • フェザーストーブ

いずれもColemanの商品です。

SOTOのシングルバーナーの記載はないので完全自己責任で使います!

【アウトドア&スポーツ ナチュラム】

遮熱効果があるテーブル使用

ヒーターアタッチメントはガス缶をつけっぱなし、ガスを出しっぱなしにしなければ使えないためガスに熱が移ることが懸念されます。

ガス缶が暖まり過ぎると最悪爆発なんてこともあり得るのでこの対策はしておいたほうが安心して使用できます。

今回私が使用しているのはこちら

脚が太くてバランスを崩しにくく、組み立ても簡単で半分に折って収納できるためコンパクト!そしてちゃんとした収納袋もあって税込み2,780円(Amazon価格2021.11月現在)

ヒーターアタッチメント使用時に何回かガス缶を触りましたが、しっかり遮熱されていました。

一酸化炭素中毒に注意が必要

密閉した空間は避けて使用するのが前提ですが、気づかないうちに密閉空間ができあがっている場合もあるので使用する際は一酸化炭素チェッカーを使いましょう。

一酸化炭素中毒は頭痛や吐き気、ひどいときには意識を失う可能性もあります。

そうならないためにも念の為、用意しておくと安心です。

やけどに注意

熱されている部分が見た目で分かる通り結構な高温です。付けている時はもちろん、消した後もしばらく熱い状態が続いているので触らないように気をつけましょう。

特に狭いテント内で使用すると移動した際に触れてしまったり、触れた拍子に倒れ他のものに引火したりする可能性もあります。

小さくても十分、火傷や火事の元になるので取り扱いの際は注意しましょう。

見た目がキャンプ映えする

優しい暖かい灯り〜

焚き火の炎と言えばザ・キャンプ!というほどキャンプ映えしますが、炎に照らされたヒーターアタッチメントの焼き加減も実はキャンプ映えするんです!!

焚き火をバックに…
焚き火が消えたらヒーターアタッチメントの独壇場←
他にもこんなのも(出典:Amazon)

優しくキレイで、なんともいえない赤からオレンジがかったグラデーション。

炎をのぞかせる穴は、ヒーターアタッチメント固有の模様があり、それを楽しみながら暖かい飲み物やお酒でまったりする時間は至福です◎

キャンプツーリングおすすめ!ヒーターアタッチメント4選

ここからはキャンプツーリングにおすすめのヒーターアタッチメントを紹介していきます!

どれも同じような感じでしょ?とおもいきや、サイズや模様の違いがあり、使用出来るバーナーも異なります。

それぞれのサイズや特徴、値段(Amazon2021.11月現在)など記載していきますので選ぶ際の参考にしてみてください〜。

Coleman遠赤ヒーターアタッチメント

価格2,480円(税込)
サイズ約直径8.6×6cm
材質ステンレス
重さ141g
対応機種508、533、440、442、パワーマックスX-1、X-2、X-3ストーブ

キャンプ用品で有名なColemanから販売されているヒーターアタッチメント。

バーナーの対応機種がColemanから販売されているもののみになっているので、それ以外で使用する場合は自己責任になります。

サイズ感がコンパクトでキャンプツーリングにはとてもおすすめ!

値段も比較的安価で王道なヒーターアタッチメントといった感じなので、最初の1つとして購入をおすすめします!

また、Colemanのバーナーを所持している方にもおすすめな商品です。

FUTUREFOX ヒーターアタッチメント

価格4,980円(税込)
サイズ約直径9 x 14.5 cm
材質ステンレス
重さ150g
対応機種イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB、SOTO レギュレーターストーブ ST-310、FORE WINDS マイクロキャンプストーブ FW-MS01

少し高さがあって積載時嵩張りますが、なんといっても他にはないデザイン性が抜群!

ナバホ柄が炎で照らされたときに、映し出される様子はキャンプ映え必至です。

対応機種も汎用性が高く、メーカーで絞られていないので便利です◎

積載量をあまり気にしない、いつも積載にちょっと余裕があるという方や、デザイン性が良いので、暖まったヒーターアタッチメントを眺めてまったりしたいという方におすすめです。

BYBREGAL 遠赤外線 ヒーター アタッチメント

価格1,450円(税込)
サイズ約直径12×14.5cm
材質ステンレス
重さ350g
対応機種セパレート式バーナー推奨

ガスバーナーやコンロの火の熱を吸収して発散するステンレスのヒーターアタッチメント。
4本、3本五徳両方に対応していて、五徳とカセットボンベが分かれているセパレート式バーナーを推奨しています。

少しサイズが大きめで、その分暖房効果も高くなっています。

サイズの大きさがキャンプツーリングではネックになるので、積載に余裕がある方向けになります。

BRS遠赤ヒーターアタッチメント

価格1,089円(税込)
サイズ約直径9.2×6cm
材質ステンレス
重さ141g
対応機種

1,000円ちょっとで購入できる比較的安価なヒーターアタッチメントになります。Colemanのものと見た目やサイズなど似ていますが、値段は半値以下で購入できます。

使用中ヒーターアタッチメントを外さず調理できて便利です。

サイズもコンパクトなので出費を最小限に抑えたい方や、試しに1つ購入して使ってみたい!という方におっすすめです。

ヒーターアタッチメントで快適な冬のキャンプツーリングを!

ヒーターアタッチメントのメリットやデメリット、キャンプツーリングにおすすめな理由やおすすめ商品を紹介してきました。

今まで冬は寒くてキャンプツーリングにいけない!とキャンプするのが億劫になっていた方や、薪ストーブよりコンパクトな暖房器具を探している。という方はぜひヒーターアタッチメントを試してみて下さい。

薪ストーブや焚き火よりコンパクトなため暖房効果は劣りますが、ソロで使用する分には十分な暖かさと、特別な時間を過ごせること間違いなしです!

今年の冬はヒーターアタッチメントでコンパクトで暖かいキャンプツーリングをしませんか?

自分のお気に入りのヒーターアタッチメントを見つけて冬キャンプを楽しみましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次