MENU
あー。
ブログの人。
バイク歴総数17年
現在はKawasakiのestrella SEに乗って
デイキャンプ・ツーリングを
のんびりするのが好き
最近Hondaのクロスカブが
気になっている。

キャンプツーリングで持ってると超絶便利なバイクアイテム3つ!

今回はキャンプツーリングで必要不可欠ではないけど持ってると超絶便利で臨機応変にキャンプができるアイテム3つを紹介していきます!

バイクキャンプならではの便利アイテムです。

バイクへ積載しても嵩張らない便利アイテムなので、プロテクタージェケットやバックパック、シートバッグ等に忍ばせておけばOKなアイテムです。

あー。

キャンプツーリングに毎回持っていってるけど、忘れた時に限って『あればよかったー!』となるのでもうサイドバッグに常に入れてます←

目次

キャンプツーリングあると便利な持ち物3つ

キャンプスタイルによっては「全然いらねーよ。」とか逆に「持ってるの当たり前じゃない?」とかなる方もいると思いますが

あー。

参考程度に見ていただければと思います(弱気)

ディスクロック

キャンプ場でのバイクの盗難防止グッズです。ふっといチェーンロックは重くて荷物になるし、ハンドルロックだけだと少し不安。て時にコンパクトなのに安心できるディスクロックです!

その名の通り、バイクのディスクにロックをかけます。こうすることで、タイヤが回らなくなるので盗難リスクが減ります。

オートサイトなど乗り入れ可能な所でも、寝るときや、トイレ、炊事場等に行く時は目を離さざるをえません。

しかーし、このディスクロックをする事で結構安心して離れたり、寝たりすることができます!

あー。

基本前輪だけディスクロックしてます

バイクサイドスタンドプレート

バイク乗り入れ可能なオートサイトに行くと、テント設営がしやすいように土や、砂のサイトが多くサイドスタンドが立てにくい立地になっています。

地面が柔らか過ぎると、バイクを駐車する時、スタンドが埋もれてバイクのバランスが取れず最悪転倒してしまう可能性があります。

そんな時にバイクスタンドプレートがあれば地面の柔らかさ関係なく安定してバイクを停めることができてとても便利です!

あー。

実際バイクスタンドが埋もれて駐車できず、板を借りたことがあります…←

あると本当に便利なので1つポケットに忍ばせておくと安心です。

シフトガード

キャンプ場につくとくつろぐためにバイク用シューズから楽なシューズに履き替える方が多いと思います。

あー。

私は即座に履き替えます←

履き替えたあとに何か買い忘れがあったり、ちょっとバイクででかけたいって時にバイク用シューズにまた履き替えるのが面倒くさい!(本当は履き替えたほうが安全ですよ)

でもギアチェンジする時柔らかめな生地のシューズだと不安定だしちょっと痛い…。

そんな時に役立つのがシフトガードです!

本来はバイクブーツの摩耗を防ぐためにバイクブーツの上から装着するものですが、普通のシューズにも装着できちゃうんですよね。

シフトガードを使えば、簡易的にシューズに巻くだけなので超絶簡単。

わざわざバイク用シューズに履き替えることなくスムーズにバイクに乗り込めて便利です。

おすすめディスクロック

おすすめのディスクロックを紹介していきます。

コミネ(KOMINE)アラームディスクロック

ディスクロックにアラームが付いているタイプです。そのため盗難リスクがガクッと下がります。振動と動きでアラームが作動するので、外し忘れを防げます。

コミネ(KOMINE)リマインダーディスクロック

こちらもコミネ商品!アラーム機能が付いていません。アラーム付きのものよりコンパクトなので持ち運びに便利です。

リマインダーが付属しているため、リマインダーをハンドルに装着でき、外し忘れを防止できるようになっています。

デイトナ(Daytona)ディスクロック


アラームなしのディスクロックですが、手のひらに収まるサイズのコンパクトさで持ち運びに便利です。

外し忘れを防止するためにスパイラルケーブルが付属しているため安心です。

Linkaxアラーム付きディスクロック

アラーム付きディスクロックです。ロックをする際、鍵を使用せず鍵穴を押し込むだけでロックできるため簡易的で便利なディスクロックになっています。

アラーム音を消す時や、ロックを解除するときだけ鍵が必要になっています。

おすすめサイドスタンドプレート

次におすすめのサイドスタンドプレート商品の紹介です。サイドスタンドプレートはバイク固有のスタンドプレートもありますが、今回は汎用性が高いバイクを選ばないスタンドプレートを紹介していきます。

Power worksサイドスタンドプレート

大きさ8.2×12.6×0.8cmのサイドスタンドプレートです。後ろには滑り止めも付いていて、600円前後で購入可能になっています。

プロト(PLOT)サイドスタンドパッド

大きさ8.3×12.6×1.4cmのサイドスタンドプレートです。こちらは500円程度で購入可能になっています。

キジマ(Kijima)サイドスタンドプレート足型

その名の通り足型のサイドスタンドプレートになります。
大きさ10×19×1.2cmと他の2つと比べると大きいものになっています。

大きければ大きいほど携帯性は悪いですが、駐車時の安定性はよくなります。平べったいのでサイドバッグに入れっぱなしでも問題ないのでどの立地でも安心して駐めたい場合はこちらをおすすめします!

おすすめシフトパッド

最後におすすめのシフトパッドの紹介です。

コミネ(Komine)シフトパット

マジックテープでとめて固定するシンプルなタイプのシフトパッドになります。

靴紐にもマジックテープをくくって落下を防ぐ構造になっています。シンプル・イズ・ベストな方にはこちらがおすすめです。

Girldateシフトパット

しっかり足の甲をガードしてくれるシフトパッドです。足裏はマジックテープで固定し、かかとの方にゴムで固定するためズレにくくなっています。

マジックテープなので使い続けることで粘着力が低下しますが、ゴムでかかとに固定しているため紛失するリスクは低くなっています。

Yffsfdcシフトガード

つま先に被せるタイプのシフトパッドになります。マジックテープは使用していないため、楽に装着できます。

落下防止のゴムも付いているため、知らぬ間に落下していたなんてことも避けられます。ただし靴のサイズによってはゴム紐が届かない場合があるため注意してください。

サムスコ シフトガード

マジックテープで固定するタイプになっています。落下防止機能もゴム紐にマジックテープを固定する形になっています。

まとめ

今回キャンプツーリングに便利なアイテム3つとそのおすすめアイテムを紹介してきました。

キャンプツーリングのみならず、普通のツーリングでも活躍するアイテムなので、リーズナブル且つコンパクトなので持っていて損はないアイテムだと思います!

是非活用して快適なキャンプツーリングを楽しみましょう〜◎

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次