MENU
あー。
ブログの人。
バイク歴総数17年
現在はKawasakiのestrella SEに乗って
デイキャンプ・ツーリングを
のんびりするのが好き
最近Hondaのクロスカブが
気になっている。

バイクツーリングにはコンパクトな革財布が便利!おすすめブランド6選と一押しアイテムも紹介|バイクツーリングブログ

バイクに乗るときの財布はどんな財布を使っていますか?

特にバイクを乗ることを気にせず、いざバイクに乗った時に財布が取り出しにくく、料金所などの支払いで焦りを経験する方も多いはず…。

あー。

今回はバイクツーリングにおすすめな、コンパクト財布の紹介をしていきます

コンパクト財布がおすすめな理由と共に、おすすめのブランドや商品なども紹介していくので、バイク用に財布が欲しい方や、バイクでの扱いやすさを考えて財布の購入を考えている方はぜひ参考にしてみてください!

この記事でわかること
  • バイクツーリングにコンパクト財布がおすすめな理由
  • コンパクト財布のおすすめブランド&イチオシ商品
この記事を書いた人
あー。

・バイク歴20数年
・エストレヤSE・ビアンキのロードバイクに乗ってキャンプやツーリングをのんびり楽しむのが好き。
・コンパクトなキャンプギア、機能性重視のキャンプ道具好き。
・キャンプは1年中楽しむ派。

目次

バイクに乗るとき財布はどうしてる?現金の収納場所チェック

バイクに乗る際の現金の収納場所で考えられる場所は以下の5つです。

  • ウェアポケットや尻ポケット
  • ネックウォレット
  • バックパックなどバッグ
  • バイクハンドル
  • バイクタンク

ここからはそれぞれのメリット・デメリットをお伝えしていきます。

取り出しやすいウェアポケットや尻ポケット

特に気にせず気軽に収納できる場所がバイクのウェアポケットやズボンの尻ポケットです。

バイク関係なく普段からウェア尻ポケットに入れてる方は「どこにしまったか忘れた!」なんてこともないので、支払い時に焦ることもありません。

あー。

しかしバイクのグローブをはめたままだとポケットのサイズによっては、財布が取り出しにくくなります

また長財布を使っていて尻ポケットに入れていた場合、バイクに乗っていると知らぬ間に尻ポケットから財布が落ちてしまう恐れもあります。

落とさないためにも、尻ポケットに長財布を入れる場合はチェーンベルトを使用するなどして対策をしておきましょう。

メリットデメリット
・気軽に収納できる
・収納場所を忘れにくい
・普段から使用している財布を使える
・収納ポケットのサイズによっては取り出しにくい
・尻ポケットは知らぬ間に紛失する恐れがある
・対策として別途チェーンベルト購入の出費がある

首にかけるだけで収納場所いらずネックウォレット

出典:Amazon

コンパクトな財布を首から下げるタイプのネックウォレットです。

首からぶら下げるため防水性が施されていたり、傷つきにくい素材でできていたりとタフなアイテムが多く販売されています。

あー。

小銭やカード、お札を入れられタフに使えるのに、価格は比較的安価な設定なのも嬉しいポイントです!

お金も取り出しやすく、財布をなくしにくいのもメリットです。

しかし現金支払いオンリーで札が多くなったり小銭が多くなったりすると、財布がパンパンになって不格好&取り出しにくくなってしまうので、現金支払いしかしない方にはあまりおすすめできません

また素材がポリエステルやナイロン製の商品が多く(革だと雨でシミができたり汚れたりしやすくなるため)値段相応、もしくは安っぽく見える場合もあります。

常に財布を身に着けていた方や、バイクツーリングやアウトドアで汚れ等気にせず、タフに使いまくりたい方にはおすすめです。

メリットデメリット
・紛失しにくい
・安価で購入できるアイテムが多い
・お金を取り出しやすい(特にETCなどサッと出せる)
・防水性が高い素材が多く汚れ等気にせず使える
・支払いが現金のみだと容量不足の可能性大
・安っぽく見える
・別途ストラップを購入しないといけない場合がある

ボディバッグやメッセンジャーバッグ・バックパック等バッグに収納

取り出しやすさ関係なく、ずっと身に着けているバッグなので1番安心できる収納場所です。

あー。

ネックウォレットのように財布がむき出しになってないので、より安心して財布を収納できる場所です!

普段からバッグに収納している方であれば癖がついていて、財布を仕舞い忘れることもありません。

後ろに背負うタイプでなければ比較的財布も取り出しやすいですが、グローブをはめたままチャックの開閉は少し難易度が高いかもしれません。

あー。

バイク用のバッグであればチャックの持ち手が大きくなっていて、グローブをはめたままでもチャックの開閉がしやすい商品もあります!

ただしバイクを乗るときにはバッグを替えて使用する場合は、財布の入れ忘れのリスクが高くなります

またバックパックでは料金所でお金を支払う時、手間取ること必至です。

ETCを付けていてバイク運転時、早急にお金を支払うことがない方や、普段使いの慣れたバッグでツーリングする方は防犯面で優れているバッグパックがおすすめです。

メリットデメリット
・防犯面安心
・普段も使っているバッグであれば、財布仕舞い忘れリスクが減る
・財布の形や素材関係なく使用できる
・バッグのチャックが小さいと財布を取り出しにくい
・バッグを替えるたびに財布忘れのリスクが高くなる
・バックパックではバイク運転中財布取り出しにくい

料金所で便利なバイクハンドルのコインケース&コインホルダー

バイクのハンドルに固定できるコインケースもあります。

またハンドルポーチを装着してコンパクトな財布を入れる手段もあります。

ハンドルに固定できるタイプは小銭をサッと取り出せますが、バイクから離れる時盗難のリスクが高くなるのが難点です。

あー。

また取付に工具を必要とする場合もあるので、少し手間かなぁとも思いますが、必要なアイテムがハンドル周りにあると、自分だけのオリジナル感やコックピット感(?)がでてテンションは上がりますよね(笑)

対してハンドルポーチはバイクから離れる時取り外しができるため便利ですが、コインケースよりお金は出しにくくなります。

大事なお金をハンドル周りに置きたい場合は、ハンドル固定タイプのコインケースやハンドルポーチがおすすめです。

メリットデメリット
・コインケースは小銭を取り出しやすい
・ハンドルポーチでは普段使用している財布を使える
・ハンドル周りのオリジナリティが上がる
・コインケースはバイクから離れる時小銭盗難リスク大
・コインケースは札が入らない
・ハンドル周りがごちゃごちゃする

バイクタンクバッグに入れる

バイクのタンクバッグにも収納可能です。

タンクバッグを装備すれば財布のみならず、ドリンクや地図等も収納できるのでとても便利です。

あー。

ただしバイクの見た目が変わってしまうので、好き嫌いが分かれるアイテムでもあります

目の前のバッグなので財布は取り出しやすく、支払いはしやすいですが、バイクから離れる時の防犯対策は必須になります。

貴重品は必ず持って離れるか、バッグ自体を取り外してもっていくようにしましょう。

メリットデメリット
・普段から使用している財布を使える
・取り出しやすい
・タンクバッグ自体に好き嫌いがある
・バイクから離れるに防犯対策必須(忘れると盗難の恐れ大)

バイクツーリングで身に着けるのであればコンパクトな革財布がおすすめな理由3つ

ここからはバイクツーリングに何でコンパクトな財布が良いのか以下3つの理由を解説していきます。

  • 長財布だとポケットから落ちるリスクが高い
  • 料金所の支払いで現金を出しやすい
  • スマートで見た目がスタイリッシュでカッコ良い
  • 経年経過を楽しめる

ツーリングで使う財布を、コンパクトな財布か長財布か迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

長財布だとポケットから落ちるリスクが高い

長財布はポケットに全て収納できるサイズではないため、ポケットから大体半分~1/3くらい財布が見えています。

あー。

それがオシャレでかっこよくもありますが…

車と違い、バイクに乗っている時に何か物を落とせば即地面。

ポケットから約半分でてる財布は落ちるリスクが大です。特に尻ポケットに入れていると、信号待ちで伸びをしたり座る位置を微調整したりするときに落ちる可能性が高くなります。

その点コンパクトな財布であれば、ポケットにすっぽり入るサイズなので、長財布よりは断然、落下のリスクが低くなります。

長財布にチェーンベルトをすればチェーンが財布の落下を防いでくれますが、財布をぶらぶらさせた状態での走行は危険です。さらに慌てて停車しようとしてエンストや事故の原因にもなる可能性も…。

絶対長財布がいい!とこだわりがなければ落下・紛失・安全面からコンパクトな財布がおすすめです。

料金所の支払いで現金を出しやすい

コンパクトな財布はどこにでも収納可能で、ポケットからサッと取り出せ、現金を出しやすいのがメリット。

特に料金所では現金の出しやすさが重要になるため、「サッと取り出せて現金が出しやすい」というコンパクトな財布のメリットが生かされます。

あー。

ただし収納場所がバックパックなどの後ろに背負うリュックだと、コンパクトだと背負ったままだと探しにくく一気にメリットが失われるので注意!

バックパックに入れる場合は、財布は出しやすいサイドポケットやサブポケットに入れておくと、取り出しやすくなります。

スマートで見た目がスタイリッシュでカッコいい

好みにもよりますがコンパクトな財布は身に着けた時、嵩張らずスタイリッシュでカッコよく見えます。

尻ポケットに入れてバイクに乗っても、嵩張らないので違和感なく乗れるのも嬉しいポイントです。

あー。

ただし中身を入れすぎると、コンパクトな財布でも嵩張ってしまうので注意しましょう!

経年経過を楽しめる

革製品は使い込めば使い込むほど手になじみ、見た目にも「良い味」感がでてきます。

あー。

バイクツーリングで使い込めば使い込むほど育ち、オリジナル感でて唯一無二の自分の財布に…!

財布を育てる感覚で使用するため、バイクツーリングと同時に革の経年経過も楽しめます。

また、そこそこ高めのアイテムを購入してもお手入れ次第では一生ものになるため、結果的にコスパが良いというメリットもあります。

バイクツーリングで使いやすいコンパクトな財布の選び方ポイント3つ

ここからはバイクツーリングで使いやすい、コンパクトな財布の選び方のポイント3つお伝えしていきます。

  • 収納力
  • 携帯性
  • デザイン性
あー。

自分の使っている財布や体験談込みでお伝えしていくので、コンパクトな財布を選ぶ際ぜひ参考にしてみてください!

収納力

コンパクトな財布と言っても、「コンパクト過ぎてほとんど何も入らない」だと実用性に欠けます。

そのためある程度の収納力が必要です。

あー。

コンパクトな財布の収納力、は自分の支払いスタイルで決めると良いですよ!

カードがメインで現金はそんなに要らない場合は、カードがメインで収納できる財布。

カード・現金半々くらいであれば、カード数枚・紙幣数枚・小銭少量入る財布。

あー。

自分のバイクツーリングでの支払い方法はカード・現金半々なので、それぞれがうまい具合に少量ずつ入る「GANZOのL字ファスナー」のコンパクト財布を使用しています▼

革製品なのでエイジングも楽しみつつ、満足いく収納力なので重宝しています。

コンパクトさに憧れすぎて「The Ridge」のカード収納&マネークリップを購入して使ったこともあります▼

小銭は入らないので別持ちで見た目は気に入っていましたが、いかんせんマネー(札)がとりにくく、4つ折りにするとちょっと嵩張るのが嫌でバイクツーリングでは使っていません▼

「カード決済やスマホのQR決済で現金は使わない」って方だったらカードケースのみでもいいですね。

あー。

自分の決済方法で財布の容量を決めましょう!

携帯性

財布はコンパクトであればあるほど携帯性に優れています。

携帯性に優れていると持ち歩きが楽なのはもちろん、スムーズに財布の出し入れが可能です。

さっとポケットにしまえるサイズや、必要であればストラップを付けてネックウォレットになるアイテムがおすすめです。

ネックウォレットにする場合、雨の日は革製品は向かないので注意!もし革製品をネックウォレットしていて、急に天候が崩れた場合や汚れそうなときは、ジャケットを羽織って服の中にしまいましょう。

あー。

自分の場合は天候が悪い日のツーリングは、雨でもOKな素材でかつリーズナブルに購入できるネックウォレットを使用しています▼

あー。

天候や用途によって財布を替えるのもおすすめです!(リーズナブルに購入できるアイテムに限る)

デザイン性

いくらコンパクトで使いやすくても自分が気に入らないデザインだと、あまり使いたくないですよね。

あー。

自分も携帯性と使いやすさでネックウォレットをメインにしたかったのですが、革製品が好きなのでそこは譲れず…。通常時GANZO、雨天時チャムスのネックウォレットで落ち着きました!

本当に使いたいデザインをメインに、機能性で譲れないアイテムをサブで持っておくと臨機応変に対応できる&物欲も満たされるので、割とおすすめです(笑)

バイクツーリングにおすすめなコンパクト財布のおすすめブランド6選と一押し商品

ここからはバイクツーリングにおすすめなコンパクトな財布のおすすめブランドと、そのブランドのイチオシ商品を紹介していきます。

あー。

バイクに乗るときだけでなく普段使いもできる、実用的でおしゃれ・コンパクトな財布をピックアップしました!

長く使えば使うほど経年経過を楽しめる革製品をメインで紹介しています。

気になった商品があったらぜひチェックしてみてください。

「薄い」「小さい」財布abrAsusで有名:SUPER CLASSIC(スーパークラシック)

「薄い財布」「小さい財布」を筆頭にコンパクトな財布を販売しているSUPER CLASSIC(スーパークラシック)

キャッシュレス時代に合った、新定番のコンパクト財布です。

薄い財布はズボンの尻ポケットに入れても邪魔にならず、小さい財布は胸ポケットをはじめ、ありとあらゆる小さなスペース(ポケット)に収納可能です。

男女問わず選べるデザイン性と「薄い」「小さい」のに中身が取り出しやすく機能性も抜群です。

あー。

革素材なので経年経過も楽しめますよ

右利き用、左利き用もあるので気になる方はぜひチェックしてみてください!

\ 新定番のコンパクト財布がラインナップ‼ /

イチオシはコレ!薄い財布 abrAsus

出典:SUPPER CLASSIC

価格:15,800円(税込)

スーパークラシックの代表作と言っても過言ではない、「薄い財布abrAsus」です。

あー。

薄くてコンパクトで尻ポケットに入れても、「落ちない・違和感ない・取り出しやすい」は最強です。

小銭が若干出し入れしにくいレビューもありますが、その場合「薄いマネークリップ」と「小さい小銭入れ」があり、どちらも薄い・本当に小さいので別持ちもありです。

コンパクトな財布に「薄さ」を求める方におすすめの財布です。

>>「薄い財布」をチェック abrAsus

革製品で有名:COCOMEOSTER(ココマイスター)

最高の素材と日本の熟練工が味を出す、日本製ハイエンドブランドのCOCOMEISTER(ココマイスター)

革素材はすべて天然皮革を採用している為、自然の風合いを多く残し1つ1つ財布の顔が違うのも魅力の1つです。

ココマイスターの製品はコレクション別に革製品が展開されていて、それぞれ革の良さが異なります。

あー。

好きなシリーズでコンパクト財布、キーケースを揃えれば統一感がありシンプルオでシャレに見た目になります

様々なタイプの革財布があるので「革財布にはこだわりがある」という方でもきっと自分に合う財布がみつかるはず…!

\ 日本製ハイエンド革製品ブランド勢揃い‼

イチオシはコレ!

出典:ココマイスター

価格:10,000円(税込)

ココマイスターでおすすめなコンパクト財布は「ナポレオンカーフボナパトルL字ファスナー」です。

あー。

シンプルでココマイスターのロゴがワンポイントで入っていて、見た目がとてもオシャレ!

L字ファスナーで取り出しやすく、またファスナーのチャーム部分が輪っかになっているため、ストラップをつければネックウォレットととしても使用できます。

価格は10,000円と革財布の中では比較的安価で手に入るのも嬉しいポイントです。

また「ナポレオンカーフ」はエイジングで豹変するような変化を見せてくれるため、長く使ってエイジングも楽しめます

シーンによってネックウォレット使いしたい方や、革製品のエイジングを楽しみたい方におすすめの財布です。

>>ナポレオンカーフ ボナパルトL字ファスナー

アパレル発のレザーブランド:sot(ソット)

アパレル発の日本製にこだわったレザーブランドのsot(ソット)

アパレル発なので素材の良さと、それを活かすデザイン性が高く、扱いやすくオシャレな製品が多く販売されています。

本革を使用し日本の職人が手作業で縫製を行っているため、「良いもの長く使いたい」という方に人気のブランドです。

\ デザイン性が豊富な革財布が豊富‼ /

イチオシはコレ!ミネルバボックスレザーLファスナー

出典:sot

価格:11,000円(税込)

sotでおすすめなのが「ミネルバボックスレザーLファスナー ミニ財布」です。

あー。

シンプルなデザインにsotのロゴ&ストラップが色違いなのがワンポイントになっていて、カッコいいというよりは「かわいい」感じですね

ストラップ接続部のリングに長めのストラップをつければ、ネックウォレットとしても使用できます。

カラーは「キャメル・ダークブラウン・ブラック・レッド・ブルー」から選べるので、バイクカラーと合わせて買うとより愛着がわきます。

カッコいいよりかわいい寄りのコンパクトな財布を探している方におすすめの財布です。

>>ミネルバボックスレザーLファスナー

クラウドファンディングで話題のミニマム財布を販売:moku(もく)

クラウドファンディングで話題のミニマム財布「小さく薄い財布Saku」を販売しているmoku(もく)

レザーの質感とデザイン性が高く評価され、普通の革製品のデザインは物足りないと感じている方におすすめのブランドです。

mokの商品の中の「財布ICHI」は、世界に日本の良いものを発信する賞である 「オモテナシセレクション2020」を受賞するほどデザイン性・機能性に優れています。

あー。

本当にどれもスリムでオリジナリティあふれるデザインなので、見ているたけでもワクワクしますよ~

\ オリジナリティ溢れるおしゃれなデザイン性が魅力‼/

イチオシはコレ!小さく薄い財布Saku ver.2

出典:moku

価格:19,800円(税込)

moku(もく)の商品で一押しは、クラウドファンディングで話題になった財布「Suku ver.2」です。

あー。

薄い財布と小さい財布のいいとこどりをしたミニマムな財布!

小さくて薄いと収納力が心配になりますが、カード8枚・小銭20枚・紙幣25枚が入る大容量。支払いが現金主義の方でも問題なく使用できます。

またカラーリングは9種類から選べるため、好みの色を選びやすいのも嬉しいポイントです。

普段、支払いが現金のみの方にもおすすめできるコンパクトな財布です。

>>小さく薄い財布Saku ver.2

老舗ベルトメーカーが作る革財布:BAMBI(バンビ)

1930年創業、老舗時計ベルトメーカーのバンビが製造するコンパクト財布です。

牛・ワニ・トカゲ・馬など様々な皮革を用いてきた知識と技術を活かされ、デザイン性や機能性にこだわったアイテムが多く販売されています。

あー。

色々な種類の革製品があり、財布に合わせた腕時計やベルトなども購入できます!

\ 高品質な日本のレザー製品が豊富‼/

イチオシはコレ!aioa アイオア 栃木レザー

出典:BAMBI

価格:14,300円(税込)

BAMBIのイチオシは、クラウドファンディングから生まれたコンパクトな財布「aioa」です。

あー。

aioaはall in one action の頭文字をとって命名されたとのこと。

その名前の通り、財布を開く動作1つで、お札入れ・小銭入れ・カードホルダーの全てが展開されます。

一目で財布の中身を把握でき取り出しやすいため、急ぎの会計でも慌てることがありません。

推奨収納枚数は「お札10枚・カード4枚・小銭15枚」と結構入るので、支払いは現金の方でも使用できます。

>>aioa アイオア 栃木レザー

バイクに合った財布を販売:DEGNER(デグナー)

創業30年を超えた、京都の老舗バイカーズアパレル・製品メーカーDEGNER(デグナー)

バイクに取り付けるバッグからレザージャケット、ライダーズシューズなど幅広くライダー向けのアイテムを販売しています。

あー。

見た目もカッコよく、雑誌で取り上げられているアイテムも多数あります!

コンパクト財布のみならず、バイク装飾品やアパレル関係のアイテムを探している方にもおすすめのブランドです。

\ ライダーご用達!人気の革製品がラインナップ/

イチオシはコレ!レザーコインジップパース

価格:4,378円(税込)

DEGNERのイチオシアイテムはレザーコインジップパースです。

横12×縦10㎝のコンパクトさでカード・小銭・お札が収納できます。

あー。

5,000円を切る価格で手に入るのは嬉しいですね!カラーリングも3色展開しているので好きなカラーを選べます。

普段使い用とは別に、バイク用のコンパクト財布が欲しい方におすすめのコンパクト財布です。

>>レザーコインジップパース

バイクツーリングはコンパクトな財布で身軽に楽しもう!

銚子ツーリング

バイクツーリングにおすすめのコンパクト財布の紹介や、コンパクト財布がおすすめな理由などお伝えしてきました。

コンパクトな財布は荷物にならず、小さいのでサッと取り出せとても使い勝手がよいアイテムです。

あー。

今回紹介したアイテムで気になったブランドや、財布があったらぜひチェックしてみてください。

コンパクトな革財布で経年経過を楽しみつつ、バイクライフもより楽しいモノにしていきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次