MENU
あー。
ブログの人。
バイク歴総数17年
現在はKawasakiのestrella SEに乗って
デイキャンプ・ツーリングを
のんびりするのが好き
最近Hondaのクロスカブが
気になっている。

キャンプするなら250ccバイク!エストレヤがおすすめな理由5つ

バイクに荷物をつめ込みツーリングを楽しみながらのキャンプは、開放感にあふれた旅行です。

「バイクでキャンプを目標に免許を取りに行く!」

という方も少なくないはず!

でも実際バイクを選ぶ時は、色々な車種がありすぎて悩みますよね。

あー。

私は悩みすぎて若干ストレスになりました(笑)

安い買い物ではないので尚更です。そして悩んだ果に購入したのがエストレヤの2015年式スペシャルエディション。

実際に購入して6〜7年経ちツーリングやキャンプツーリングをしていて「購入してよかった!」と胸を張って言えるバイクです!

今回はそんなおすすめの250ccバイクエストレヤの紹介です。

あー。

実際に私が乗っているバイクなので、写真を多めに載せつつお伝えしていきます!

エストレヤは製造中止されているバイクですが、足つきの良さや取り回しの良さから人気が絶えず、現在は中古車が多く販売されています。

年式や走行距離によって値段の変動はありますが大体30〜40万から購入可能です。

ツーリングもキャンプも楽しめるバイクを探している方や、エストレヤが気になっているという方はぜひ参考にしてみてください!

この記事で分かること
  • 250ccバイクの良いところ
  • キャンプでエストレヤがおすすめな理由
  • エストレヤで実際にキャンプに行くときの注意点
目次

バイクキャンプには250ccがおすすめ!

250ccバイク自体を選ぶメリットは6つあります。

  1. 車検がない:維持費が比較的かからない
  2. 一般道・高速道路制限がない:行動範囲が広い
  3. 積載量制限が251cc〜と同じ:正確にいうと51cc〜積載重量60kgまでOK
  4. 車体が安い:バイクの種類によりますが比較的安めの設定
  5. 取り回しが楽:重量がそこまで重くないため小回りしやすい
  6. 燃費がいい:大体平均的に30〜40km/Lでロングツーリングも安心

維持費に金が比較的かからない事と、取り回しやすさが良い!そして高速もOKなので行動範囲が広がります。

あー。

取り回しの良さは本当エストレヤ乗っていてめちゃめちゃ感じます。

続いてデメリットですが、2つあります。

  1. 車検がない:メンテナンスを自分で定期的に行わなければいけない。
  2. 車体が軽い:荷物を載せすぎると、バランスを崩しやすい。また、走行中や駐車時に横風に影響を受けやすい。

メリットにもある車検と重さがそのままデメリットにも当てはまります。

あー。

メンテナンスは意識しないとあっという間に年月が経つので、心配な方は購入店に相談して定期的にみてもらうのがおすすめですよ〜
忘れても違反にはならないのでそこは安心。

荷物を載せすぎると、馬力がない車種だと「信号待ちからのスタート」「買い出しからの出発」など要所要所でのストップ&スタートが少しストレスになります。

あー。

走りにノッてくればあまり気にならないんですけどね。
あとはバランス良く荷物をバイクに積み込む事が重要です!

キャンプにおすすめ250ccバイク「エストレヤ」

エストレヤ(ESTRELLA)は「川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニー(Kawasaki)」が製造していたバイクです。

1992年から製造・販売され、2017年のFinal Editionをもって生産終了しました。

現在は中古車メインで販売されています。

2015年スペシャルエディションスペック
全長×全幅×全高2,075×755×1,055(mm)
軸間距離1,410mm
最低地上高170mm
シート高735mm
ホイールトラベル(F)120mm (R)95mm
キャスター/トレール27°/96mm
ハンドル切れ角(左/右)40°/40°
Fサスペンションテレスコピック(インナーチューブ径 39mm)
Fブレーキシングルディスク 300mm(外径)
Rサスペンションスイングアーム(オイルショック)
Rブレーキドラム(リーディングトレーリング) 160mm(内径)
車両重量161kg
エンジン空冷4ストローク単気筒 OHC2バルブ・249cm3
ボア×ストローク66.0×73.0(mm)
圧縮比9.0
最高出力13kW(18ps)/7,500rpm
最大トルク18N・m(1.8kgf・m)/5,500rpm
トランスミッション型式常噛5段リターン
一次減速比3.363(74/22)
ギヤ
1速2.636(29/11)
2速1.733(26/15)
3速1.300(26/20)
4速1.050(21/20)
5速0.833(20/24)
二次減速比2.666(40/15)
燃料タンク容量13L
タイヤサイズ(F)90/90-18M/C 51P
(R)110/90-17M/C 60P
メーカー希望小売価格53万3,520円
Special Edition:54万8,640円

エストレヤと言えばやはり、レトロかわいい見た目とカラーリングの多さです!またカスタムが色々できるため、自分だけの愛車感もだせて、レトロカッコいい見た目にもカスタムできます。

あー。

年式の古いエストレヤを購入してカスタムしてる方が多い印象(雑誌でよく見る←)ちなみに私はノーマル好きです!

エストレヤがキャンプにおすすめな理由5つ

キャンプ仕様のエストレヤ

250CC バイクの中でもエストレヤをおすすめする理由は

  1. 足つき
  2. 取り回し
  3. 燃費
  4. 積載
  5. 見た目

の5つがあります。

ここからは詳しく解説していきます!

足つきがいい

エストレヤの特徴として足つきの良さがあげられます!しかーし、シート高735mmのエストレヤが足つきがいいと言われてもピンときませんよね。

足つきの良さ目安
  • 身長160cm:シート高約800mm
  • 身長150cm:約800mm以下

バイクに跨るとバイクのシート高は、体重によって沈むので公式で記載されているシート高より低くなります。

エストレヤのシート高は735mmなので目安からして、150cm台の身長の方でも足つきがいいことが分かります。

あー。

ちなみに私は165cmで足つきは両足ベターです。

足つきがいいと

  • 荷物の量が多くても停車時バランスが取りやすい
  • 立ちごけしにくい
  • バランスを取りやすいので安心して走行できる

と、転倒防止になったり、安心感をもってキャンプツーリングを楽しむことができます。

あー。

実際、私もキャンプの荷物積みすぎて、停車→出発でバランス崩しましたが、足つきが良かったので足で踏ん張れました(笑)

取り回しが楽ちん

とある日のツーリング

これは結構250cc全般に言えますが、やはり大きいバイクより小柄なバイクのほうが取り回しがはるかに楽です!

エストレヤは前項でお伝えしたとおり足つきもいいので、バイクに跨がりながらのバックや、跨がりながら手動での切り返しが可能です。

キャンプに行くと狭い場所に駐車しなければならなかったり、乗り入れOKのところでは自分がバイクを眺めやすいところに駐車したかったりするので、バイクの取り回し、移動させやすさはストレスの軽減になります。

あー。

こんな感じで毎回バイクはテントの真横に駐車して眺めてます。これが至福なんですよね〜

燃費がいい

燃費の平均は

単気筒約29.74km/L
2気筒約28.39km/L
4気筒約19.71km/L

エストレヤは単気筒なので他に比べて燃費の良さがわかります。

年式や走り方、乗り方のよっても左右されてしまう燃費ですが、経験上この数値同様エストレヤは30km/Lくらいの燃費です。

なのでタンク容量13L×30km/L=390kmは1回の給油で走れる計算になります。

キャンプ道具を積載して給油するのは、バランスを崩しやすく転倒リスクが高いので燃費がいいに越したことはありませんっ!

あー。

150km圏内のキャンプ場だったら余裕で往復できるし、片道300km走って荷物おろして給油もできるし、キャンプ場を選ぶ幅が広がりますっ!

ちなみにエストレヤには燃料メーターはないので自分で走行距離を見て給油に行くスタイルなので、燃費計算や燃料計算は必須です。

積載量の拡張が簡単にできる

リアキャリアやサイドバックガードをつければ簡単に積載量UPがはかれます。

バイクによってはリアキャリアやサイドバックガードが構造上つけられない、つけても見た目がイケてない…というバイクもありますが、エストレヤは構造上も見た目も問題なく装備することができます!

リアキャリアを使用しなくてもタンデム用のシート仕様になっているので、後ろにそのままシートバックを括り付けることも可能です。

リアキャリアなしでTANAXキャンピングシートバッグ2着用
リアキャリアありでTANAXキャンピングシートバッグ2着用

リアキャリアを設置すると単純に運転席(?)が広くなります。狭くても気にならない方はリヤキャリアなしで納車後すぐキャンプに繰り出せます!

キャンプ映えする外観

とりあえずこれは、もう写真を見てください←

あー。

エストレヤかっこいい〜Eeeeeeee

以上です←

エストレヤでキャンプする時の注意点

テントからの眺め

エストレヤの注意点というよりは、バイクで行くときの注意点です。

  1. キャンプ場の駐車地面が柔らかい場合が多くバランスを崩しやすい
  2. 長距離の運転でケツ痛問題
  3. バイクやヘルメットなどの盗難

1つずつ解決策とともに解説していきます!

地面の柔らかさ問題

地面が柔らかいとバイクを移動させづらい…のはまだいいとして、駐車できない問題が勃発します。

過去に海沿いのキャンプ場に行った際、地面がほぼ砂浜?と言わんばかりの柔らかさ…。何の対策グッズも持っていかず管理人さんに板を借りる始末。

買い物先でも、キャンプ場でも地盤のゆるさや、地面の柔らかさは行ってみないとわからないことがあるのでバイク用のスタンドプレートを用意しておきませう。

長距離ケツ痛問題

エストレヤのシートはわりかしふかふかなので、半日くらい乗っていても特にケツは痛くなった記憶はないですが‥1日中乗ってるとケツに違和感は覚えます。

そんなときに便利なのがバイクシートクッション!

バイクのシートに装備するだけで、クッションの役割をしてくれ、かたーいシートへあたるケツへの負担を軽減してくれます!

ずっと座っているので夏場のムレも気になる方はオールシーズン使えるドッペルギャンガーのクッションがおすすめです。

バイクやキャンプ道具の盗難

キャンプ場でおきざりのエストレヤ

トイレやらお風呂やらで、何かとバイクから離れてしまうキャンプなので盗難が結構心配です。

かと言って、自宅で使っているふっといチェーンを持っていく余裕もありません。

最低限だけど便利で防犯対策できるアイテムで盗難を防ぎましょう。

まずはディスクロック。振動で音がなるタイプもありますが、キャンプ場で誤作動により盛大なるアラームがなる恐怖の方が怖いので、音無しのディスクロックを使用しています。

続いて積載している荷物の盗難防止対策は南京錠で対策です!

鍵タイプもありますが、色々鍵を持っていると紛失した時に自分が開けられないのでこちらはダイヤルロックのものを使っています。

バッグのチャックが開かないように施錠したり、バイクとシートバッグが取り外せないように施錠したりして使っております。

あー。

バイクのハンドルロックも忘れずに!

エストレヤでのんびりキャンプツーリングを楽しもう!

ということで、キャンプツーリングにおすすめしたい250ccバイク

エストレヤ

を紹介してきました。

生産が中止になり、中古車で購入する形になりますが

  1. 足つき
  2. 取り回し
  3. 燃費
  4. 積載
  5. 見た目

からキャンプツーリングにぜひおすすめしたいバイクになります。

カラーリングも豊富なのできっとキャンプカラーや、自分のスタイルにあった色のエストレヤが見つかるはずです!

エストレヤで快適なキャンプライフを送りましょう〜\(^o^)/

あー。
ブログの人。
バイク歴総数20年
現在はKawasakiのestrella SE、Bianchiのロードバイクに乗ってキャンプやツーリングをのんびりするのが好き。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次